テレビ番組やら映像系のディレクターだったりする。このブログでは社会派を目指してみようと思うのであった。本館もよろしくね!


by 8989-55

<   2011年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ちゃんとしろ

外部スタッフの「ふざけ心」


だそうだ。


信じられん心だが。


 


リハ用に仮のものを作るのはよくあること。


ウケを狙うこともあるだろう。


問題はこの仮CGが、


リハ中にどれだけの笑いをとったのかってことだ。


モラルとかデリカシーの問題。


誰も不謹慎と指摘しなかったんだろか。


その辺りに根の深さを感じる。


指摘されたとしても、


それが破棄されず送出できる状態にあったわけだから。


最終的に誰もチェックしてないってことの証明に他ならない。


 


さらに、こんな画面が一瞬でも出たら、


ディレクターも叫ぶだろうし、スイッチャーも慌てて画面変えるだろう。


20秒以上も切り替わらず放送されるなんて異常。


一切の緊張感がこの現場からは感じられない。


 


日頃放送関係の仕事をしている者からすれば、


いろんなところがおかしいと思うわけでね。


とにかく最悪の現場なのではないかと想像します。


 


あったとしてもなれ合いの世界であって、


モラルとか仕事としてのプライド、責任感がないという意味での最悪さ。


各々が各々のパートでそういうものを持っていればこそ


この仕事は成立しているはず。


逆に言えばない方がおかしいくらいだけど。


 


こういう人たちは放送の仕事しちゃダメだよ。


何が「ふざけ心」だか。


 


TVで「セシウムさん」と誤表示 謝罪


www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/media/521448/


[PR]
by 8989-55 | 2011-08-06 00:34 | よのなか