テレビ番組やら映像系のディレクターだったりする。このブログでは社会派を目指してみようと思うのであった。本館もよろしくね!


by 8989-55

<   2006年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

まだやってたのか。

しゃべり杉田…暴露番組にダメ出し
杉田かおる元夫の鮎川純太氏に“放送被害”認定

まだやってたんだ・・・ケンカ

って思いましたよ。
忘れてました。この人達のこと。

局自体は「表現の自由」とやらを盾に、
放送した番組内容(発言など)について
訂正や謝罪なんてことはあまりしないもんだろう。
松本サリンなんかでもなかなかあやまらなかったし。
まあそれは別次元の話だが。同列は失礼だけども。

基本的に人が嫌がること(特に個人攻撃)を、
電波を使ってやっちゃうってことが、
そもそもどうなんだといつも思います。

「ゲストの発言の自由を確保しないと、
バラエティー番組のエンターテインメント性が損なわれる」
って、聞こえはいいけど、その発言はただの中傷だもの。
悪口言うのがエンターテイメントなのかねえ。
タレントさんは「汚れ」もある意味商売の一部だからアリなんでしょうが、
一般の人だもんねえ。
「嫁の許可があった」って言って、
タレントのプライベートを装っていても、
こんなことテレビで言われたらイヤでしょ。普通。
ある程度社会的地位がある人ならなおさらね。

でも暴露内容をまたこんな形であらためて書かれちゃっても
どうなんでしょっても思いました。
忘れてたのに。
[PR]
by 8989-55 | 2006-03-29 11:51 | 日々雑感
<パラリンピック>メダル土産に日本選手団が帰国

トリノパラリンピックが閉幕しました。
終わってみればメダル9個(金2銀5銅3)と、
日本で行われた大会を除いて、最多のメダル数でした。

今回、毎日取り組んだ番組では、
大会をスポーツとして捉えることがテーマでした。
個人的には。

障害のある人は、そのハンディキャップゆえに、
何かしらの苦心があるわけで、
そういったバックボーンばかりをクローズアップするのではなく、
大きな舞台に立つスポーツ選手として捉えるべきだろうと。
確かにその姿は、スポーツそのものでありました。
決して間違いではなかったと思います。
いわゆる健常者が「勝ちたい」と願う。
そしてそのために努力する。
どこに違いがあるのでしょう。

長野大会からパラの番組にたずさわっていますが、
その都度思うのは、
目標に向かって努力する選手達の姿の、
なんと逞しいことか。
そして、達成できてもできなくても、
なんとさわやかなことか。
オリンピックが失ってしまった、
純粋なスポーツへの思いや取り組みがあるなあと。

また、ハイテクを駆使したチェアスキーや義足などの開発も、
将来的には一般の車椅子などに技術が活かされたりと
プラスの面が非常に大きかったりします。
開催地にもバリアフリー化の波が訪れるなど、
悪いことはひとつもありません。

願わくば将来、
障害者とか健常者の区別なく、
同じ土俵で大会が行われるようになって欲しいもので。
「係数」という制度が、もっと厳密化されれば、
決して不可能ではないと思います。

何にしても選手、スタッフのみなさん、
本当にお疲れ様でした。
[PR]
by 8989-55 | 2006-03-23 23:21 | 日々雑感

へ?

史上5校目、夏春連覇の夢消える 駒大苫小牧
駒苫出場辞退 識者談話、高校球界に疑問の声も

ものすげえ奢りというか勘違いと言うか、なんだ??
敵なしとでも思ったのか。
または思考能力が足りないのか。
普通は気を付けるだろ。
せめてばれないようにとかさ。
って、肯定なんかしないけど。

後輩や監督や校長や、
もろもろの関係者の人生を狂わせただけでなく、
自分たちが甲子園で優勝したという栄誉をも打ち消す行為だ。
決定してた進路もチャラにしてあげればいい。

スポーツは人間形成に役立つと、個人的には信じている。
たとえ強豪だとか呼ばれなくとも、
打ち込む厳しさや連帯感などから、必ず得るものはあると思う。
あるいは努力する者の背中を見る(追う)だけでも、
精神的に大きくなれるはずだと思う。

ところがこの子たちは何何だろう?
甲子園優勝という、
一握りの人間にしか味わうことのできない栄誉を努力の結果つかみ、
一途に頑張ることに対して、最高の結果を得ているはずなのに。
しかも優勝取り消しという危機まであった。
何なのだ?
何も成長していないどころか、自分勝手で分別のないクソガキではないか。

悔いても泣いても戻ってこない。
あの時同情してくれた世間様も今度ばかりは。。。
[PR]
by 8989-55 | 2006-03-04 01:01 | 日々雑感